【明治維新150周年】西郷隆盛がダンシング・『新体操』ヒーローに!

今年は明治維新150周年ということで、全国でも展示やイベントが開催されている。

テレビをつければ明治維新についての特集番組やNHKの大河ドラマ『西郷どん』なども放送されている。

そんな今年一年は、鹿児島も観光客へのPR活動などが活発化しそうだ。

明治維新とは

簡単に言うと、1868年に戊辰戦争で薩長連合が江戸幕府を倒し大政奉還が行われ、元号が『明治』になり、明治新政府がそれまでの制度等を改めて改制し、近代国家の基礎を作るまでを一般的に『明治維新』と言います。

しかし、『明治維新』を語るには、1853年にペリーが神奈川県の浦賀に黒船で来航した前後から1868年以後を知ることにより『明治維新』をより深く知ることが必要です。

とにかく、単なる政治革命だけではなく『文明開化』と言われる、日本全体の意識や価値観を大きく転換した、この先も確実にないであろう『歴史的大革命』。

そんな『明治維新』から150年後の現在でも、私たちの考え方や生き方など社会に未だ影響を及ぼしている。

鹿児島市もユニーク動画でPR

今年の鹿児島はNHK大河ドラマ『西郷どん』や『明治維新150周年』などPR三昧の一年となりそうだ。

そんな今年第一弾として1月10日に”鹿児島市PR動画『維新dancin’鹿児島市』”を公開した。

新体操で一躍”ユニークな演技”で話題となった『鹿児島実業高校男子新体操部』と鹿児島市の”西郷どんも知らない鹿児島”を紹介するといったコンセプト動画だ。

※鹿児島実業高校新体操部の紹介記事

【動画】鹿児島実業高校の男子新体操部に魅了される!

2017.02.02

「維新♪ダンシン〜♪鹿児島市〜♪」は勝手に頭でリピートされそうなキャッチーな歌詞でさっそく日本全国でバズっている!!


参照元:YouTube

『維新dancin’鹿児島市』の公式サイトも英語・中国語・台湾語・韓国語も対応しており海外からの観光客向けにもバッチリだ。